沼津にGo Toしてきますた①

いつのことなんだかと思いつつ、去年の11月にGo Toした沼津旅行のことなど。

10月のGo To下田同様に踊り子号で行ったんだけども、踊り子号は沼津には泊まらないので、三島で乗り換え。どうでもいいけど、乗換案内とかで見ても熱海乗り換えしか出てこないのよね。経由を三島にしても。

ともあれ。
今回のお宿は沼津駅にほど近い、ココチホテル沼津。利便性が高くてきれいでよい感じのホテルでした。
今回は名古屋在住の隊長も一緒。車で来た隊長とホテルで合流したのは午後1時過ぎぐらいだったか。荷物を預け、ご飯を食べに行くことに。
ホテルの中にもステーキやらすきやきやらが食べられる和ダイニングとフレンチレストランがあったけど、夕食の予約時間が早めだったため、がっつり系は避けてホテル近辺をふらふらすることにした。
昼過ぎのその時間にやってるお店があんまりなくて、さんざんうろうろしまくったあげくにたどり着いたのは、「手づくり食堂 ニュータロー21」。
食堂って書いてあるけど、「居酒屋」の提灯がさがってて、ショーウィンドウには定食多めの喫茶店みたいなサンプルが並んでる。
3名OKということで中に入ってみたら、思ったよりも広い店内。外観は比較的きれいにメンテナンスされてるけど、中に入ると思いっきり昭和な雰囲気。我々は、かつてはゲームテーブルが置いてありました、みたいな席に着き、ポテトフライ、黒はんぺん焼き、干物盛り合わせなんてなものを食べながらビールをば。
向かいにはバーカウンター、奥には大量の漫画が並んだ本棚が。どうもかつては漫画喫茶だったみたいね。
他にお客さんはいないみたいで、声をかけないと店員さんの姿も見えず、一生ほっといてもらえそうな雰囲気w
定食はもちろん、居酒屋メニューも充実。リーズナブルだし、軽くもがっつりも対応可能だし、時間のあるときに漫画を読みながらダラ飲みダラ食いするのによさげでした。

軽い飲食を終え、ホテルにチェックイン。泊まったお部屋は11階。お部屋のカードキーをピッとやらないと宿泊階のボタンが押せないタイプのエレベーターで、隊長とは別の階だったから、こちらの階に来てもらうのにちょっと難儀したw
お部屋はシンプルできれい。思い込みで「新しいだけあって」と書こうと思ったけど、調べてみたら2011年にリニューアルオープンしたところなんだそうだ。新しくないやんw ロビーなんかもおしゃれで落ち着く感じでよかったよ。

夕ご飯は「寿し博」にてお魚三昧。黙って座ってるとお刺身や茶碗蒸し、箸休めのお新香、握りなどが出てくるお店で、どれもこれもとても美味しかった。
握りの間に出てきたちっちゃい器に入ったいくらご飯が可愛かったし、美味しかったな。
あ、ちなみにGo Toトラベルの地域共通クーポンは、このお店では使えなかった。
来る時はそんなに降ってなかった雨が、店を出る頃には本降りになってたよ。

なんだかやたらと長くなったので、別投稿に分けますー。

下田にGo Toしてきますた③

チェックアウトにはちょっと時間がかかった。Go Toの効果か、全体的に人が多く、もろもろ時間がかかった感が。
まぁ急いでるわけじゃないので、あちこち眺めながら時間を潰す。
そして、ホテルのシャトルバスに乗って下田駅まで移動し、荷物をロッカーにぶち込んで、タクシーに乗って下田海中水族館に行った。
この時のタクシーの運転手さんの話が印象的で、下田はかなり過疎化が進んでいるようで、ここ数年という話ではなく、10年も15年も前から飲食店を始め各種店舗がガシガシ潰れ、下田の人は洋服を買おうと思ったらしまむらオンリー、ユニクロの服を買いたいと思ったら三島まで行かなければいけない状況なんだそうだ。
下田の人全員しまむらの服ってこゆ状態?

ともあれ。そんなこんなの話を聞いてるうちに下田海中水族館に着いた。
結構人が多くてね。楽しいんだけど、狭くて暗いところに人がいっぱいというのは気持ちがちょっとそわそわした。
イルカのショーなどの人を集めるイベントは中止されていたけれど、イルカのトレーニングを見学できる「いるかの学校」は開催されてた。タイミングが合わなくて参加はできなかったものの、遠巻きに眺めながら話を聞けた。
あんまり派手な生き物がいたわけではないけれど、なんだろう、あたし、どうも不気味な長い生き物が大好きらしく、写真を見たらウツボやらチンアナゴやら長い生き物ばっかだった。あとハコフグの写真多しw

水族館見学を終えて、どこかでご飯を食べ、お土産を買って帰ろうということに。
帰りはトンネルを抜けててくてく歩いて帰ったんだけど、ここ、というお店が見つからず。さまよいながらたどり着いた下田開国博物館脇の酒屋さんでお土産(カップ酒、おつまみ系のお土産)を買いがてら、おすすめのお店などをヒアリング。
お寿司屋さん、和食屋さんなどを教えてもらったあげくに、結局以前行ったことがあるという「なかがわ」でお昼ご飯(一応ここの名前も挙がってた)。
お刺身、衣かつぎ、金目の揚げたのなどを食べつつ昼ビー。妙に暑い週末で、ヤケにビールが美味かったw
あ、あとわかめご飯が美味しかったよ。

飲んで食っていい気持ちになった状態で踊り子号に乗って帰宅。

そっかー。そんなに過疎な土地になっちゃってたのかー。下田は昔何度か海水浴に行った記憶のある場所。ホテルがあんまり混雑しすぎてなければまた行ってみたいなーと思ったりした私でした。(完)

下田にGo Toしてきますた②

もういつの話なんだかという感じだけども、記録大事(どの口が)。何事もなかったかのように更新します。

でもって、下田東急ホテル。
高台にあるお宿で、でもまぁシャトルバスで6分なら歩いてもたいしたことないんじゃない?と思ってたけど、いや、急坂は見慣れた私がびっくりするぐらいの坂道だった。
シャトルバスに抜かれ、ヨレヨレしながら到着。歩くもんじゃないですw

いったんお部屋に入ったものの、ご飯までは微妙に時間があって、ロビーでビールを飲んだり館内探索したり。


夕ご飯は、下田駅からほどちかい「開国厨房なかなか」。系列のお店に「開国厨房なみなみ」「開国厨房ぼちぼち」というのがあるらしい。

食べたのはお刺身、茄子の揚げだし、マテ貝のガリバタ炒め、だし巻き卵、殻付き牡蠣、たこの唐揚げ、ちくわの磯辺揚げぐらいだったか。
牡蠣はおろしポン酢の他にタバスコがオススメと言われ、両方頼んでみた。タバスコも悪くないけど、おろしポン酢だけでいいかな(^_^;
ちくわの磯辺揚げが美味しかったんだけど、結構なボリュームがあって、お腹いっぱい、もう無理、となりかけながらお宿に戻った。
今回はGo Toトラベル利用で、地域共通クーポン1万2千円分があったので、それを使って飲食。でも足りなくて持ち出しだった。どんだけーw

真っ暗な中、坂道上って帰るのもきっついので、宿まではタクシーで。
団体さんが多かったせいもあってか、大浴場は結構混んでて、しばらく考えたけど、何人かが出てきたタイミングでにゅるっと滑り込んで、がっと洗ってがっと浸かって部屋に戻った。もうちょっと空いてたらよかったのにな。

翌朝のそのそ起き出してレストランに行ってみたら、団体さんでいっぱいとのこと。いったん部屋に戻って連絡をもらってから出直した。
この時期ビュッフェとかどうなんだろうと思ったけど、料理を取りに行く時には使い捨て手袋およびマスク必須で、まぁ安心感あった。
朝からお寿司を食べたり、例のごとくフライドポテトも食べたり。
お腹いっぱいになって部屋に戻り、せっかくなので朝日を浴びつつお部屋のお風呂をあわあわにして泡と戯れた。

…とりあえずこのぐらいでいったんアップしとくw

下田にGo Toしてきますた①

10月最初の週末に、Go Toトラベルを利用して下田に行ってまいりました。

最初はサフィール踊り子号はどうよ?とか言ってたんだけど、混んでてそれどころじゃなかった。

というわけで、普通の踊り子号のグリーンで往復。

泊まったのは下田東急ホテル。

ビューバス付きのジュニアスイートは面積86m2で、うちよりよっぽど広い(^_^;

ホテルには露天風呂付きの温浴施設があるんだけど、30名ほどの団体さんもいて結構混んでてあんまりゆっくり浸かれなかった。お部屋にビューバスがなかったらちょっとつらかったかも。
お部屋の写真は人任せだったので、コレでも見といてくださいw